エロスと精気 : 性愛術指南

ジェイムズ・N.パウエル 著 ; 浅野敏夫 訳

タオイズム(道家思想・道教)を軸に、古代中国および古代インドの性愛にかかわる観念を考察して、西欧における性愛のかたちを問いなおす試み。キリスト教によって植えつけられた原罪意識が、西欧人の性意識にどう影響してきたかを論じ、中世の宮廷愛現象をあとづける。また、東洋の叡智に学びつつ、現代の「性交の科学」をも援用して、オルガスムの呪縛から脱し、精神と肉体の合一にいたるためのテクニックを具体的に説く。現代人のための『カーマスートラ』。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 おぼこ娘
  • 2 礼儀(悪魔の戸口
  • 礼節
  • 告解する動物
  • 幸福=性
  • 性=挿入とオルガスム)
  • 3 雲と雨(性能力の蓄積)
  • 4 蓮(上昇する精液)
  • 5 場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エロスと精気 : 性愛術指南
著作者等 Powell, James N.
Powell, James Newton
浅野 敏夫
パウエル ジェイムズ・N.
書名ヨミ エロス ト エネルギー
書名別名 Energy and eros
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1994.5
ページ数 192, 11p
大きさ 20cm
ISBN 4588021559
NCID BN1073188X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94056356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想