大蔵省統制の政治経済学

真淵勝 著

経済大国日本の財政が国債に依存する慢性的危機状態にあるのはなぜか。「官庁のなかの官庁」大蔵省の主張する「財政と金融の一体性」がもたらした帰結ではなかったか。財政危機の制度的基盤を問う。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 序章 財政危機の制度的基盤
  • 第1章 分析枠組(制度の理論
  • 財政制度と金融制度)
  • 第2章 制度の形成と定着(制度変化の理論-区切られた均衡
  • 中央銀行制度の改革
  • 大蔵省・日銀王朝の定着
  • 財政制度の形成と定着)
  • 第3章 財政の政治化(国債の発行
  • 財政硬直化打開運動
  • 田中内閣
  • 三木内閣
  • 福田内閣
  • 福祉と公共事業)
  • 第4章 金融の従属(国債管理政策の基調
  • 国債管理政策の変化)
  • 終章 大蔵省統制を越えて

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論文目録
  • 目次
  • はしがき
  • 序章 財政危機の制度的基盤 / p3
  • 1 財政赤字 / p7
  • 2 財政危機の一般理論 / p14
  • 3 日本の財政危機 / p22
  • 4 本書の仮説 / p31
  • 第一章 分析枠組 / p43
  • 第一節 制度の理論 / p45
  • 1 政治経済学の動向 / p45
  • 2 新しい制度論 / p50
  • 3 ゴミ缶モデルから制度論へ / p55
  • 4 参加の制度と選択肢の制度 / p59
  • 第二節 財政制度と金融制度 / p61
  • 1 二つのルート / p62
  • 2 参加の制度 / p64
  • 3 選択肢の制度 / p69
  • 4 中央銀行の独立性 / p71
  • 5 中央銀行と経済運営 / p77
  • 第二章 制度の形成と定着 / p91
  • 第一節 制度変化の理論-区切られた均衡 / p92
  • 第二節 中央銀行制度の改革 / p99
  • 1 中央銀行制度の連続性-従来の説明 / p100
  • 2 仮説-日本銀行の選択 / p103
  • 3 日本銀行の位置 / p107
  • 4 終戦直後の改革論議 / p111
  • 5 一万田時代の日本銀行 / p115
  • 6 日本銀行の「産業政策」 / p126
  • 7 日銀王朝の凋落と改組論の再浮上 / p133
  • 第三節 大蔵省・日銀王朝の定着 / p138
  • 1 大蔵省と金融機開 / p138
  • 2 通産省の挑戦と挫払 / p143
  • 3 高度経済成長の制度的基盤-大蔵省と通産省の間 / p147
  • 第四節 財政制度の形成と定着 / p157
  • 1 戦前の制度 / p157
  • 2 憲法改正 / p159
  • 3 財政法の制定-議会権限の強化 / p164
  • 4 財政法の制定-国債に関する規定 / p166
  • 5 司令部による大蔵省改革論 / p170
  • 6 その後の主計局移管問題 / p178
  • 第三章 財政の政治化 / p199
  • 第一節 国債の発行 / p202
  • 1 建設国債の原則 / p205
  • 2 市中消化の原則 / p208
  • 3 広報活動の展開 / p210
  • 第二節 財政硬直化打開運動 / p212
  • 1 財政硬直化打開運動の始まり / p212
  • 2 硬直化のなかの所得税減税 / p216
  • 3 硬直化打開策 / p223
  • 4 硬直化打開予算 / p228
  • 5 総合予算主義の終わり-一九六八年度補正予算の編成 / p231
  • 6 大蔵省におけるPPBS研究-財政の非政治化の試み / p233
  • 7 打開運動の終わり / p237
  • 第三節 田中内閣 / p240
  • 1 日本列島改造 / p241
  • 2 福祉元年 / p242
  • 3 二兆円減税 / p249
  • 第四節 三木内閣 / p258
  • 1 福祉の継続と拡大 / p260
  • 2 消費者の政治 / p264
  • 3 赤字国債の発行 / p268
  • 第五節 福田内閣 / p275
  • 1 国会における予算修正 / p277
  • 2 機関車論 / p280
  • 3 一般消費税の見送り / p290
  • 第六節 福祉と公共事業 / p292
  • 第四章 金融の従属 / p313
  • 第一節 国債管理政策の基調 / p314
  • 1 市中消化の実態 / p314
  • 2 財政硬直化打開運動と国債減額 / p332
  • 3 赤字国債の発行 / p338
  • 4 金融の非政治性 / p346
  • 第二節 国債管理政策の変化 / p351
  • 1 大量国債のインパクト / p352
  • 2 ロクイチ国債の暴落 / p354
  • 3 一般消費税の挫折 / p356
  • 4 金融自由化 / p360
  • 終章 大蔵省統制を越えて / p369
  • 事項・人名索引 / p394

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大蔵省統制の政治経済学
著作者等 真淵 勝
書名ヨミ オオクラショウ トウセイ ノ セイジ ケイザイガク
出版元 中央公論社
刊行年月 1994.5
ページ数 393p
大きさ 19cm
ISBN 4120023265
NCID BN10731573
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94070043
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想