ワープロここが不思議 : ちょっと知的なワープロ学

古瀬幸広 著

戦後最大の発明=日本語ワープロ。1978年に630万円で登場したこのツールは、またたく間に価格を下げ、日本人の言語生活をがらりと変えた。85年頃からはパソコンの世界にも普及している。しかし、その影響力の大きさに比して、意外なほど誤解が多く、あまり使いこなされてはいない。本書は、ワープロユーザーなら誰もが抱く疑問にQ&A方式でわかりやすく答えながら、その技術と歩み、将来の見通しについて解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ワープロと漢字の不思議
  • 第2章 売場に並ぶワープロの不思議
  • 第3章 使い始めたワープロの不思議
  • 第4章 文書データと印刷の不思議
  • 第5章 ワープロのハードウェアの不思議
  • 第6章 ワープロの今後についての不思議

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワープロここが不思議 : ちょっと知的なワープロ学
著作者等 古瀬 幸広
書名ヨミ ワープロ ココ ガ フシギ
書名別名 Wapuro koko ga fushigi
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1994.5
ページ数 336, 12p
大きさ 18cm
ISBN 4062570181
NCID BN10722641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94053531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想