現代日本の宗教社会学

井上順孝 編

近現代の日本社会に焦点を当て、宗教が社会のなかに現われる姿を具体的な事例に即して紹介する。基本的な欧米理論の解説に加え、日本で発想された理論の必要性をも提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 宗教社会学は何を研究するか
  • 第1章 宗教社会学の源流-ウェーバーとデュルケムを中心に
  • 第2章 宗教社会学理論の展開
  • 第3章 現代日本の宗教
  • 第4章 社会変動と宗教
  • 第5章 新宗教の展開
  • 第6章 社会調査を通してみた宗教

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代日本の宗教社会学
著作者等 中野 毅
井上 順孝
岩井 洋
弓山 達也
磯岡 哲也
書名ヨミ ゲンダイ ニホン ノ シュウキョウ シャカイガク
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1994.6
ページ数 247, 10p
大きさ 19cm
ISBN 4790705145
NCID BN10719170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94066814
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想