東アジア農業の展開論理 : 中韓台日を比較する

今村奈良臣 ほか著

本書は、経済成長の基盤には第二次大戦後の農地改革を中心にする農業・農村改革があったこと、そのうえで土地や労働力を豊富にかつ持続的に農業から供給しえたこと、しかし、その結果として農業・農村はいずれの国々・地域においても深刻な矛盾に直面し、新たな段階の農業改革が求められていることを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 東アジア農業の展開論理(なぜ東アジアか
  • 農地改革の比較-政治の力学と成果
  • 農地改革の成果-零細な自作農創設
  • 経済成長と農業の変貌
  • 将来の農業経営像と新しい担当者層
  • 望ましい農村社会システムの構築)
  • 第1章 中国農業の発展論理(土地改革と新中国農業の展開
  • 経済成長メカニズムと農業・農村
  • 農村経済の再構築)
  • 第2章 韓国農業の展開論理(誰のための農地改革だったのか
  • 経済成長と農業経営の変貌過程
  • 農業の今後の課題)
  • 第3章 台湾農業の展開論理(農地改革は何をもたらしたか
  • 経済成長メカニズムと農業・農村
  • 農村経済の再構築)
  • 第4章 日本農業の展開論理(農地改革は何をもたらしたか
  • 経済成長と農業
  • 日本農業の展開論理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジア農業の展開論理 : 中韓台日を比較する
著作者等 今村 奈良臣
坪井 伸広
羅 明哲
金 聖昊
劉 志仁
書名ヨミ ヒガシアジア ノウギョウ ノ テンカイ ロンリ
シリーズ名 全集世界の食料世界の農村 2
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1994.5
ページ数 278, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4540940481
NCID BN10714086
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94049063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想