ポラニーとベルグソン

佐藤光 著

終りなき世紀末。現代産業文明への危機意識を内包していた社会哲学との対話の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 二十世紀末のポラニーとベルグソン
  • 1 市場経済と社会の二重運動-ポラニーの社会哲学(二重運動論再考
  • 戦後日本の二重運動
  • ポラニーの社会主義思想)
  • 2 「閉じたもの」と「開いたもの」の弁証法-ベルグソンの社会哲学(産業主義、民主主義、大衆社会、そして宗教
  • エラン・ヴィタル試論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポラニーとベルグソン
著作者等 佐藤 光
書名ヨミ ポラニー ト ベルグソン : セイキマツ ノ シャカイ テツガク
書名別名 世紀末の社会哲学
シリーズ名 Minerva人文・社会科学叢書 1
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1994.5
ページ数 285, 13p
大きさ 22cm
ISBN 4623023990
NCID BN10703625
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99026444
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想