警察の盗撮・監視術 : 日本的管理国家と技術

浜島望 著

交通安全・円滑、防犯を錦の御旗に、日本警察が全国津々浦々配備をすすめる監視用カメラ群。ドライバー取締りの尖兵「オービス」。濃密高質なデータ蓄積をねらう「高速走行抑止システム」。繁華街頭上の"客引き"監視用高性能カメラ。これら警察技術の歯止めなき拡充の行きつく未来には、一六台のテレビカメラで日夜監視され"塀のない監獄"と化した「釜ヶ崎」の"現在"の姿があるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 警察の腹を読む
  • 第1章 速度違反を撮るロボット(オービスを疑え
  • "ネズミたち"の逆襲
  • 誤測定はなぜ起こるのか)
  • 第2章 監視カメラの街(塀のない監獄
  • 法廷論争)
  • 第3章 道路交通を支配するハイテク機器(高速走行抑止システムのねらい
  • 不審な警察"システム"群)
  • 終章 監視カメラは暗示する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 警察の盗撮・監視術 : 日本的管理国家と技術
著作者等 浜島 望
書名ヨミ ケイサツ ノ トウサツ カンシジュツ
書名別名 Keisatsu no tosatsu kanshijutsu
出版元 技術と人間
刊行年月 1994.5
ページ数 262p
大きさ 20cm
ISBN 4764500981
NCID BN10697420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95024823
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想