南アフリカを読む : 文学・女性・社会

楠瀬佳子 著

[目次]

  • 第1章 アフリカの文学と女たち(アフリカの文学と女たち
  • アフリカ文学に描かれた女性像-新しい女たち
  • 南アフリカの女性作家たち-アパルトヘイトと闘う
  • 南アフレカを生きる女たち
  • アパルトヘイト下の「家族」
  • 作家との出会い)
  • 第2章 なぜアフリカ文学なのか
  • 第3章 テキストを読む-南アフリカ文学を中心に(カン・テンバ『死ぬ意志』について-時代背景のなかで
  • アレックス・ラ・グマ「レモン農園」
  • ナディン・ゴーディマ『造化の戯れ』
  • ベッシー・ヘッド『力の問題』-魂を呪縛する力から解き放たれるとき
  • ミリアム・トラーディ<『泥沼の足跡』あるいは『ソウェト物語』
  • 『二つの世界のはざまで-メトロポリタン商会のミュリエル』>
  • グラディス・トーマス「約束」
  • チェンジェライト・ホーヴェ『骨たち』にみる女たちのチムレンガ-あるいはジンバブエのフェミニズム
  • 書評)
  • 付録 グギ・ワ・ジオンゴ『母よ、我がために歌え』-民族語と民族音楽による実験劇場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南アフリカを読む : 文学・女性・社会
著作者等 楠瀬 佳子
書名ヨミ ミナミアフリカ オ ヨム
書名別名 Minamiafurika o yomu
出版元 第三書館
刊行年月 1994.3
ページ数 411p
大きさ 20cm
ISBN 4807494031
NCID BN10697329
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95005971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想