外国人労働者と日本

梶田孝道 著

外国人労働者が日本社会に根をおろし、異質な文化が深くまじりあうとき、社会はいかなる変質をみせるか。中・長期的な目線でとらえた外国人労働者問題の構造。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 20年のタイム・ラグ-日本の外国人労働者問題の位置
  • 第1章 「バック・ドア」からの外国人労働者の導入
  • 第2章 日本の労働システムと外国人労働者
  • 第3章 外国人の「セグリゲーション」は進行するか
  • 第4章 外国人労働者問題のなかの「文化」
  • 第5章 「ジャパゆきさん」問題を再考する
  • 第6章 「日系人問題」は日本社会に何をもたらすか
  • 第7章 外国人労働者の「定住化」は起こるか
  • 第8章 新たに生み出される「教育問題」
  • 第9章 進む外国人の「市民化」
  • 終章 「外国人労働者問題の社会学」に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外国人労働者と日本
著作者等 梶田 孝道
書名ヨミ ガイコクジン ロウドウシャ ト ニホン
シリーズ名 NHKブックス 698
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1994.5
ページ数 253p
大きさ 19cm
ISBN 4140016981
NCID BN10695833
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95008270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想