湾岸戦争論 : 詩と現代

藤井貞和 著

あの戦争、あの論争は何であったのか、改めて問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 湾岸戦争
  • 2 詩の論争とその前後(中東へ飛び立つ爆音と沖縄
  • 津軽への機上にて思う
  • 詩は無力であるか
  • 沈黙したい 沈黙したくない詩人
  • 真情を恐れず
  • 追放の詩の国で
  • 世界の詩はどこにあるかへの注)
  • 資料(作品「イラク」ほか
  • 『現代詩手帖』関連記事目次
  • 当面するナラトロジーの課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 湾岸戦争論 : 詩と現代
著作者等 藤井 貞和
書名ヨミ ワンガン センソウ ロン
出版元 河出書房新社
刊行年月 1994.3
ページ数 165p
大きさ 20cm
ISBN 4309008933
NCID BN10693146
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94035409
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想