バトル・オブ・ブリテン

リチャード・ハウ, デニス・リチャーズ [著] ; 河合裕 訳

第二次大戦前夜「薄手のカーテン」と冷笑を浴びるまでに弱体化していたイギリス空軍はいかにしてナチス・ドイツの波状攻撃を退けたのか。傑作戦闘機スピットファイア誕生の逸話。ドーバー海峡の防人となったレーダー技術の意味。そして苦難の空を飛び続けた名パイロット達の横顔。「自由主義諸国を守った」といわれるイギリス本土決戦を総合的に検証する迫真のドキュメンタリー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 白昼の惨劇
  • 第1部 本土決戦までの背景(もはや島ではない
  • 土台づくり
  • 爆撃機は侵入できないときもある
  • 遅れてスパートする
  • 時間を稼ぐ
  • 嵐を乗り切る
  • 臨戦態勢)
  • 第2部 決戦(初日
  • 海峡の戦い
  • 邪魔物を取り除く
  • ワシの日
  • 登場
  • 空襲が続く
  • 戦闘中止、そして戦闘再開
  • 死に物狂いの日々
  • 戦略転換の時
  • 新たな攻撃目標
  • 「不気味な静けさ」
  • 彼我の差は大きい、我が勝ち味は少ない、勝利の利益は無限に大きい
  • 勝利の匂い
  • 戦闘は終熄する)
  • 第3部 本土決戦のあと(振り返れば
  • 交錯 個人的体験の集録)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バトル・オブ・ブリテン
著作者等 Hough, Richard
Richards, Denis
河合 裕
Hough Richard.
Houghs Richard
リチャーズ デニス
ハウ リチャード
書名ヨミ バトル オブ ブリテン
書名別名 The battle of Britain

イギリスを守った空の決戦

Batoru obu buriten
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1994.4
ページ数 639, 39p
大きさ 15cm
ISBN 4102430016
NCID BN10682401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94051567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想