古代日本の稲作

武光誠, 山岸良二 編

遺跡・土器・墓制のそれぞれ異なる視点から稲作の問題を追究。古代社会においては、農民の生活の実態、地割の模様、稲作と信仰・習俗、稲をめぐる説話など,稲作とのかかわりをさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 稲作起源の問題について
  • 弥生成立期における韓半島土器の問題
  • 稲作を伝えた人々の墓-四隅の切れる方形周溝墓小考
  • 古代における地割の展開と稲作
  • 文献史料にみる古代の稲作
  • 日本古代農民生活の一面
  • 稲作と大祓
  • 稲と白鳥をめぐる説話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代日本の稲作
著作者等 山岸 良二
武光 誠
書名ヨミ コダイ ニホン ノ イナサク
出版元 雄山閣
刊行年月 1994.3
ページ数 227p
大きさ 22cm
ISBN 4639012179
NCID BN10674775
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94041375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想