中世の結婚 : 騎士・女性・司祭

ジョルジュ・デュビー 著 ; 篠田勝英 訳

聖職者と騎士、それぞれのモラルとイデオロギーの葛藤を軸にした、婚姻制度の成立史にして中世心性史。第2回渋沢・クローデル賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国王フィリップの結婚
  • 第2章 聖職者のモラル・戦士のモラル
  • 第3章 ブールヒャルトによる結婚
  • 第4章 ロベール敬虔王
  • 第5章 君主と騎士
  • 第6章 異端者たち
  • 第7章 聖人伝・聖女伝
  • 第8章 ギベール・ド・ノジャン
  • 第9章 イヴ・ド・シャルトル
  • 第10章 王家の内部で
  • 第11章 文学
  • 第12章 アンボワーズ諸侯
  • 第13章 ギーヌ伯家

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世の結婚 : 騎士・女性・司祭
著作者等 Duby, Georges
篠田 勝英
デュビー ジョルジュ
書名ヨミ チュウセイ ノ ケッコン
書名別名 Le chevalier,la femme et le pretre
出版元 新評論
刊行年月 1984.12
版表示 〔新装版〕
ページ数 480p
大きさ 20cm
ISBN 4794802161
NCID BN01085208
BN10671700
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
85049633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想