ガリア戦記

カエサル 著 ; 国原吉之助 訳

前五八年以降、数年にわたりカエサル率いるローマ軍が、ガリアからブリタニアにいたる広範な地域をローマの勢力下におこうとして遠征を試みた貴重な記録である。当時のガリアやゲルマニアの情勢を知る上で必読の書として知られ、また、カエサル自身の手になるラテン語で書かれた簡潔にして流暢な文体は、文学的にも高い評価を受けている。タキトゥスの『ゲルマニア』とならぶ古代研究の最重要史料。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ガリアについて
  • ベルガエ人との戦い
  • アルプス山岳戦の失敗
  • ウシペテス族とテンクテリ族の虐殺
  • 第二回ブリタンニア遠征
  • ガリアの反乱広がる
  • 全ガリアの共謀と首領ウェルキンゲトリクス
  • ヒルティウスの序〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガリア戦記
著作者等 Caesar, Gaius Julius
Caesar, Julius
国原 吉之助
カエサル G.J.
書名ヨミ ガリア センキ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1994.5
ページ数 442p
大きさ 15cm
ISBN 4061591274
NCID BN10669990
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94053057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想