ヴァレリーとエントロピー

金山英二郎 著

本書は、難解とされるヴァレリーの思索の多くは、物理・化学的アナロジーに依拠するものであったということを、主にエントロピー概念に焦点をあてて、その著作集の全域にわたって踏査し、証明しようとする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 反エントロピー(自然的生と精神の生
  • 建築家のメタファー
  • 貯蓄
  • 精神存在の動き
  • 人間の存在理由は反自然への意志にある
  • スポーツマンおよび道徳家)
  • 第2章 保存(生命は可能力<未来>の保存
  • 涙、笑い<情動>
  • 統計的精神は平衡<保存>に固執する)
  • 第3章 エントロピー(エントロピーの増大
  • 反エントロピーの可能性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴァレリーとエントロピー
著作者等 金山 英二郎
書名ヨミ ヴァレリー ト エントロピー
出版元 勁草書房
刊行年月 1994.4
ページ数 142p
大きさ 22cm
ISBN 4326933232
NCID BN10664374
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94049616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想