「みやこ」という宇宙 : 都会・郊外・田舎

園田英弘 著

「ミヤコ」とは何だろうか。宮処として、王宮の所在するところ、政治・経済・文化の中心としての首都は、やがて繁華な祝祭空間=都会として発展する。「ミヤコ」に魅せられ、惹きつけられる人々のミヤコ志向は、「ミヤコの辺」=野と町の境界を、郊外を、田舎を吸収してゆく。それは都市域の限りない増殖による、無秩序な日本の都市の姿を浮かびあがらせている。本書は、京都・東京という二つの「ミヤコ」をモデルとして、「棲み家」としての都市-郊外空間の意味を問い直し、更には、人々の営為を外界に表現する都市の「意味空間」を考えるものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「ミヤコ」の系譜(ミヤコとは何だろうか
  • 平安京から京都へ-ミヤコ平安京の変遷
  • ミヤコと首都と
  • 「あづまの都」の意味空間)
  • 第2部 「ミヤコ」の宇宙誌(都と鄙の境界
  • ボストンと郊外-遠心的都市化
  • 内に向かうモザイク都市-京都の求心的都市化
  • ミヤコ東京の「辺(ほとり)」
  • ミヤコ空間を鳥瞰する)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「みやこ」という宇宙 : 都会・郊外・田舎
著作者等 園田 英弘
書名ヨミ ミヤコ ト ユウ ウチュウ
書名別名 Miyako to yu uchu
シリーズ名 NHKブックス 696
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1994.4
ページ数 243p
大きさ 19cm
ISBN 4140016965
NCID BN10660045
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95008263
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想