道化の風景

清水孝純 著

ドストエフスキーの複雑極まりない世界を、道化性というキー・コンセプトで鮮やかに分析し、シェイクスピアにも劣らぬ豊かさ、面白さを縦横にひき出してみせた本書は、なお現代に生き続けるドストエフスキーの文学の秘密を全く新たな角度から照射したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 感触の冒険家-『罪と罰』
  • 第2章 負の救世主-『白痴』
  • 第3章 ロシアのファウスト-『悪霊』
  • 第4章 片隅の倨傲-『未成年』
  • 第5章 虚なる道化から実なる道化へ-『カラマーゾフの兄弟』
  • 第6章 道化の終焉-『おかしな男の夢』からアリョーシャへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道化の風景
著作者等 清水 孝純
書名ヨミ ドウケ ノ フウケイ
書名別名 ドストエフスキーを読む

Doke no fukei
出版元 九州大学出版会
刊行年月 1994.4
ページ数 324p
大きさ 20cm
ISBN 4873783720
NCID BN10657528
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94051144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想