まちづくりの知恵と作法

三井不動産S&E研究所, 北山創造研究所 編

「まちづくりはわが家をつくる作業に似ている」玄関は駅、客間は名所、廊下は路地、茶の間は商店街…。生活する人の立場に立ち、人や環境にやさしく、日本古来の美的感覚を生かした、個性ある魅力的なまちづくりのためのアイデアが一杯。まちを愛し育てようとする人のバイブル誕生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • まちの再生へ向けて
  • まちづくりにはソフトの総合戦略がいる
  • まちづくり-家に見立てて(駅はまちの顔です-玄間
  • シンボルはまちのメッセージ-床の間
  • 「人が楽しく歩く」みち-居間
  • まちの回遊空間と路地の復権-廊下
  • 名所は人を寄せる場所です-客間
  • 「人が集い共感しあう」場-縁側
  • 人は水にひき寄せられます-庭
  • 夜の楽しさがまちを元気にします-団らんの場
  • 祝祭の内と外-年中行事
  • 商店街を魅せる-茶の間)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 まちづくりの知恵と作法
著作者等 三井不動産株式会社
北山創造研究所
三井不動産S&E研究所
三井不動産S&E研究所北山創造研究所
書名ヨミ マチズクリ ノ チエ ト サホウ
書名別名 Machizukuri no chie to saho
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1994.3
ページ数 247p
大きさ 30cm
ISBN 4532161312
NCID BN10647921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95002386
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想