古代・中世の政治と文化

井上満郎, 杉橋隆夫 編

この本の情報

書名 古代・中世の政治と文化
著作者等 上横手 雅敬
井上 満郎
杉橋 隆夫
書名ヨミ コダイ チュウセイ ノ セイジ ト ブンカ
出版元 思文閣
刊行年月 1994.4
ページ数 684p
大きさ 22cm
ISBN 4784208186
NCID BN1063263X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94048498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「国持大名」論考 笠谷和比古
「花園説」の源流と相承の系譜 : 『春玉秘抄』の成立と伝来の過程を手懸かりとして 田島公
上日帳について 栄原永遠男
中世国家と公家新制 : 制度的普遍性を検討するために 谷口昭
中世瀬戸内海における海賊衆の成立 : 能島村上氏を中心に 山内譲
中世的荘園年貢の成立 勝山清次
勅符論 吉川真司
受領成功の展開 上島享
古代御輿考 : 天皇・太上天皇・皇后の御輿 橋本義則
国家仏教と行基 本郷真紹
大坂石山寺内町の空間構造 仁木 宏
奈良朝《謀反》顛末論 西山良平
寺社問題から見る院政の成立 美川圭
後鳥羽上皇の政治と文学 上横手 雅敬
戦国期の地域権力と官途 : 毛利氏を素材として 今岡典和
摂関家領荘園群の形成と伝領 : 近衛家領の成立 川端新
摂関政治の衰退 元木泰雄
日本古代の官印 : 八世紀の諸国印を中心として 鎌田元一
明正践祚を巡る公武の軋礫 今谷明
本座勅許(本座宣旨)の成立 酒井宏治
東大寺大仏の再建と公武権力 久野修義
東大寺領木津木屋所の歴史的位置 : 発生期の問との関連で 小林保夫
桂園体制形成期の政友会の組織改革と原敬 伊藤之雄
牧の方の出身と政治的位置 : 池禅尼と頼朝と 杉橋 隆夫
王朝貴族と「不老不死」 井上 満郎
袖判について : 源頼朝の下文に関連して 綾村宏
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想