考査法とその活用

松本順之 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 教育の研究と考査法 / 1
  • 第二章 考査はなんのために行うか / 8
  • 一 學習を完成させるため / 8
  • 二 指導法を改善する資料を得るため / 10
  • 三 學習の進んだ程度を判定するため / 14
  • 四 學習能力を調べるため / 18
  • 五 考査に對するこれまでの考え方 / 20
  • 第三章 考査はいつどこで行うか / 24
  • 第四章 總合的な考査法と分析的な考査法との特色 / 29
  • 一 總合的な考査法と分析的な考査法 / 29
  • 二 總合的な考査法の長所と短所 / 33
  • 三 分析的な考査法の長所と短所 / 37
  • 四 分析的な考査法の受ける批難 / 39
  • 第五章 知的な學習の判定(上) / 46
  • 一 知的な學習と情意的な學習 / 46
  • 二 再生法 / 49
  • 三 完成法 / 52
  • 四 眞僞法 / 59
  • 五 選擇法 / 64
  • 第六章 知的な學習の判定(下) / 71
  • 一 組み合わせ法 / 71
  • 二 記録法 / 76
  • 三 圖解法 / 80
  • 四 訂正法 / 82
  • 五 排列法 / 84
  • 六 判定法 / 87
  • 七 作文法 / 90
  • 第七章 情意的な學習の判定 / 92
  • 一 情意的な學習 / 92
  • 二 一對比較法 / 93
  • 三 並立比較法 / 96
  • 四 順位評價法 / 97
  • 五 記述尺度法 / 102
  • 六 連想法 / 110
  • 第八章 速さとたしかさ / 113
  • 第九章 まぐれあたりの正答 / 117
  • 第十章 考査問題の作り方と考査を行うときの注意 / 126
  • 一 考査問題の作り方 / 126
  • 二 考査を行うときの注意 / 131
  • 第十一章 考査結果の活用 / 134
  • 一 素質 / 136
  • 二 環境と生活 / 141
  • 三 原因と結果 / 144
  • 第十二章 統計の公式 / 155
  • 一 代表値 / 156
  • 二 算術平均の蓋然誤差 / 157
  • 三 相關係數 / 160

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 考査法とその活用
著作者等 松本 順之
書名ヨミ コウサホウ ト ソノ カツヨウ
出版元 有朋堂
刊行年月 1948
ページ数 163p
大きさ 22cm
NCID BN1062879X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49006133
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想