暮しの中の酵素

太田隆久 著

コマーシャルで"酵素"と聞くたびに、"酵素って何だろう"と思われる人も少なくないと思います。本書は、お酒や洗剤を例に、日常の暮らしと"酵素"とのかかわりを通して、そのような疑問にわかりやすく答えています。また、自然科学に慣れ親しんでいる方々にも、バイオテクノロジーのスターとして活躍する"酵素"の別の一面を興味深く紹介しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 お酒と酵素(どうしてお酒ができるか
  • ワインのつくり方
  • 発酵は自然に起こるのか ほか)
  • 第2章 洗剤と酵素(衣類の汚れと洗濯
  • タンパク質とは何か
  • 油脂の正体と界面活性剤 ほか)
  • 第3章 食べ物と酵素(砂糖に代わる甘味料
  • ブドウ糖を果糖に変える酵素
  • 酵素を装置に組込む ほか)
  • 第4章 健康と酵素(人間ドックでも検査
  • 酵素の値で何がわかるか
  • 酵素は生物の精密部品である ほか)
  • 第5章 生命を支える酵素(生物は酵素の塊
  • 遺伝子は酵素の設計図
  • 遺伝情報を読み書きするのも酵素)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暮しの中の酵素
著作者等 太田 隆久
書名ヨミ クラシ ノ ナカ ノ コウソ
書名別名 Kurashi no naka no koso
シリーズ名 科学のとびら 19
出版元 東京化学同人
刊行年月 1994.4
ページ数 151, 4p
大きさ 19cm
ISBN 4807912593
NCID BN10624052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94047354
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想