ベーリング大陸の謎 : 極北のコロンブスたち

A.コンドラトフ 著 ; 新堀友行, 金光不二夫 訳

ユーラシアとアメリカ大陸をつなぐ陸橋ないし大陸、ベーリンジアと呼ばれるものの実在したことが確かめられつつある。一六世紀以降の、ベーリング提督をはじめとする「極北のコロンブス」たちが持ち帰った発見に、諸科学からの新たな知見が加えられ、その実像が浮び上ってきた。サイエンスライターとして著名なコンドラトフが、その壮大なロマンの歴史を描き、事実・仮説・実証というコンテキストから、謎に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 極北の発見
  • 謎を解く鍵は?
  • ベーリンジアをめぐる仮説
  • 事実は語る
  • ベーリンジアの問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベーリング大陸の謎 : 極北のコロンブスたち
著作者等 Kondratov, Aleksandr Mikhailovich
Kondratov, Aleksandr Mikhaĭlovich
新堀 友行
金光 不二夫
Кондратов Александр
コンドラトフ A.
書名ヨミ ベーリング タイリク ノ ナゾ
書名別名 Была земля Берингия
シリーズ名 現代教養文庫 1489
出版元 社会思想社
刊行年月 1994.2
ページ数 263p
大きさ 15cm
ISBN 4390114891
NCID BN10620710
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94033264
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想