食とからだのエコロジー : 「食術」再考

島田彰夫 著

[目次]

  • はじめに 「頼りない消費者」としてのヒト
  • 第1章 ヒトの食・人間の食-地域・食性を無視した栄養「改善」の無力
  • 第2章 食べることがむずかしい?-「科学」と制度にふり回されて
  • 第3章 「食術」の復権-あたりまえの食と食べ方を見なおす
  • 第4章 栄養所要量のナンセンス-実験室栄養学ではわからないこと
  • 第5章 学校給食は子どもの健康をもたらしたか?
  • 終章 エコロジーとしての食文化-「食術」は食性、民族、風土の調和の産物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食とからだのエコロジー : 「食術」再考
著作者等 島田 彰夫
書名ヨミ ショク ト カラダ ノ エコロジー
書名別名 Shoku to karada no ekoroji
シリーズ名 人間選書 175
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1994.3
ページ数 228p
大きさ 19cm
ISBN 4540931202
NCID BN10619325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94046065
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想