柳田「民俗学」への底流 : 柳田国男と「炉辺叢書」の人々

松本三喜夫 著

地方の郷土研究家との交流と出版事業を通して柳田国男が意図した「人脈形成」「情報収集」の内実を探り、民俗学確立への柳田の方法論を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 柳田国男と「炉辺叢書」
  • 第2章 『遠野物語』の夢-佐々木喜善と『江刺郡昔話』など
  • 第3章 雪国の炉辺語り-小池直太郎と『小谷口碑集』
  • 第4章 菅江真澄との対話中道等と『津軽旧事談』
  • 第5章 二人の知の巨人の狭間で-雑賀貞次郎と『牟婁口碑集』
  • 第6章 未刊の「炉辺叢書」-菅菊太郎と「伊予大三島誌」
  • 終章 柳田「民俗学」への底流

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柳田「民俗学」への底流 : 柳田国男と「炉辺叢書」の人々
著作者等 松本 三喜夫
書名ヨミ ヤナギタ ミンゾクガク エノ テイリュウ
出版元 青弓社
刊行年月 1994.3
ページ数 212p
大きさ 20cm
ISBN 4787230778
NCID BN10614376
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94039679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想