社会科学と信仰と

大塚久雄 著

経済史から聖書の世界まで、レンブラントからヴェーバーまで縦横に語る。幼少年時代に読んだ本、新渡戸稲造、波多野精一、矢内原忠雄…。心に沁みいる25篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 信仰と社会(父の家を商売の家とするな
  • 初代キリスト教の信徒たち-信仰と社会層
  • 客人部族としてのイスラエル諸族)
  • 2 社会科学の基底(科学における総合化と専門化
  • 山田理論と比較経済史学
  • ヴェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」における問題提起の仕方
  • 「古代ユダヤ教」におけるヴェーバーの課題)
  • 3 本と人と(みなぎる崇高な力-レンブラントとオランダ絵画巨匠展から
  • 長崎の出島商館址
  • <座右の書>ヴェーバーの思索
  • ヒンズー的文化世界の展開-マックス・ヴェーバー『宗教社会学論集』2
  • この人の生涯を見よ-住谷悦治『ラーネッド博士伝』
  • <アンケート>幼少年時代の本 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会科学と信仰と
著作者等 大塚 久雄
書名ヨミ シャカイ カガク ト シンコウ ト
書名別名 Shakai kagaku to shinko to
出版元 みすず書房
刊行年月 1994.4
ページ数 192p
大きさ 20cm
ISBN 4622036495
NCID BN10610637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94054617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「アンケート」幼少時代の本 大塚 久雄
「古代ユダヤ教」におけるウェーバーの課題 大塚 久雄
「座右の書」ウェーバーの思索 大塚 久雄
お元気だった我妻先生 大塚 久雄
この人の生涯を見よ : 住谷悦治『ラーネット博士伝』 大塚 久雄
みなぎる崇高な力 : レンブラントとオランダ絵画巨匠展から 大塚 久雄
ウェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」における問題提起の仕方 大塚 久雄
ウェーバー偶感 大塚 久雄
ヒンズー的文化世界の展開 : マックス・ウェーバー『宗教社会学論集』II 大塚 久雄
内田義彦さんを偲ぶ 大塚 久雄
初代キリスト教の信者たち : 信仰と社会層 大塚 久雄
客人部族としてのイスラエル諸族 大塚 久雄
山田理論と比較経済史学 大塚 久雄
待ち望んでいた著作集 : 『内田義彦著作集』 : マチノゾンデ イタ チョサクシュウ : 『ウチダ ヨシヒコ チョサクシュウ』 大塚 久雄
法政大学時代の阿部勇教授 大塚 久雄
波多野先生の学恩 大塚 久雄
父の家を商売の家とするな 大塚 久雄
現実との対決 : 「アンケート」私が「人間ひとりの重み」を感じたとき 大塚 久雄
真理を追い求めよ : 『内村鑑三全集』 大塚 久雄
矢内原先生とアダム・スミス 大塚 久雄
科学における総合化と専門化 大塚 久雄
経済学の内容ゆたかな再構築のために : 『小林昇経済学氏著作集』 : ケイザイガク ノ ナイヨウ ユタカ ナ サイコウチク ノ タメ ニ : 『コバヤシ ノボル ケイザイガクシ チョサクシュウ』 大塚 久雄
若き日の藤田五郎君のことなど 大塚 久雄
豊かな未来をはらむ思想 : 『新渡戸稲造全集』 大塚 久雄
長崎の出島商館址 大塚 久雄
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想