生命の記号論

日本記号学会 編

[目次]

  • 言語中心主義から言語相対主義へ
  • 生命観の変貌(生命・関係性・形態
  • 生命の基礎としての分子の記号作用
  • 生命記号論-序説
  • 生におけるロークス・ミノーリス 藤枝静男論)
  • 生命・AI・物語(シンポジウム「生命・AI・物語」を終えて
  • 情報編集としての物語を考える
  • 「作ってなんぼ」のナラトロジ
  • 物語の中の性と生死と規範について)
  • 生命の二重構造 生命圏と記号圏
  • 原初の比喩としての<換喩>
  • パースと記号過程・認知・自己意識
  • 文字の記号学 アラビア数字の神経心理学的考察
  • 『白鳥の湖』と『鷺娘』 白鳥乙女はいかにして超越するか
  • 記号ゲームとしての茶会 いかにして道具は語るか
  • 竹と壷の象徴するもの 茶の湯において
  • The Possibility of an East Asian Semiotics
  • 書評(文化記号論の基礎固め『記号学小辞典』
  • ふたつのキーワードによる知の予言群『情報と生命-脳・コンピュータ・宇宙』
  • 丸山哲学をめぐる十五の論攷『言語哲学の地平-丸山圭三郎の世界』
  • Sapir Revisited『サピアの言語論』
  • テレビ記号論のために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命の記号論
著作者等 日本記号学会
書名ヨミ セイメイ ノ キゴウロン
書名別名 Seimei no kigoron
シリーズ名 記号学研究 14
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1994.3
ページ数 270p
大きさ 21cm
ISBN 4486012755
NCID BN10609263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20393997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想