裁かれる大正の女たち : <風俗潰乱>という名の弾圧

清永孝 著

大正年間、国家秩序の基盤は家父長権に支えられた家族制度であり、男性上位の社会秩序であった。これに反する者は古来の淳風美俗に反するとして厳しい規制を受ける。しかしこの圧力に反発する庶民のエネルギーもまた強く、その代表が<新しい女>たちであった。本書は<風俗潰乱>の名のもとに弾圧され抵抗した有名無名の女性たちの姿を当時の新聞雑誌から再現し、デモクラシーとロマンティシズムに隠れたもう一つの大正史を照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 遺憾ながら許容せず-らいてうの希い
  • 第2章 「猥褻」の波紋-「アダムとイブ」も西鶴も
  • 第3章 魔性と不貞-須磨子・白蓮・秋子たち
  • 第4章 良風美俗のため-悲惨な乳幼児
  • 第5章 「耳隠し」の人々-流行と愛国心
  • 第6章 教科書・軍歌・篭の鳥-ひるがえる弔旗
  • 第7章 「ご辛抱なさいまし」-大正の人生相談

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 裁かれる大正の女たち : <風俗潰乱>という名の弾圧
著作者等 清永 孝
書名ヨミ サバカレル タイショウ ノ オンナタチ
書名別名 Sabakareru taisho no onnatachi
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1994.4
ページ数 186p
大きさ 18cm
ISBN 412101183X
NCID BN10606480
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94054761
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想