科学は人間をどう見る : その限界と可能性

J.バトラー 著 ; 岡小天, 岡村和子 訳

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p3
  • 第1部 科学と個人
  • 第一章 科学と観念としての人間性 / p15
  • 第二章 科学と無生物の世界 / p21
  • 第三章 生命の科学的見地 / p34
  • 第四章 化学的現象としての人間 / p47
  • 第五章 増殖と進化の機構 / p56
  • 第六章 人間は自動機械か? / p66
  • 第七章 精神の中の像 / p82
  • 第八章 精神と物質 / p90
  • 第2部 科学と人間社会
  • 第九章 人間の研究 / p103
  • 第十章 知識の第一歩 / p113
  • 第十一章 原始的信仰 / p124
  • 第十二章 宗教と哲学 / p137
  • 第十三章 科学と倫理 / p151
  • 第十四章 科学と宗教 / p161
  • 第十五章 人間の本質 / p171
  • 第十六章 想像と人間生活 / p184
  • 第十七章 科学と人類の将来 / p205
  • 第十八章 結論 / p216
  • 文献 / p225
  • 訳者あとがき / p232

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 科学は人間をどう見る : その限界と可能性
著作者等 Butler, J. A. V.
Butler, John Alfred Valentine
岡 小天
岡村 和子
J.バトラー
書名ヨミ カガク ワ ニンゲン オ ドウ ミル : ソノ ゲンカイ ト カノウセイ
出版元 白揚社
刊行年月 1960
ページ数 234p
大きさ 19cm
NCID BN10594621
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60005498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想