日本の憲法

長谷川正安 著

戦後50年を目前にした今日、「大国」化に伴う新たな改憲論も台頭し、憲法をめぐる状況はますます厳しさを増している。天皇、戦争放棄、議会制、基本的人権等の主要な論点に即して、規範と現実が乖離する実態を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 憲法を考える
  • 2 天皇と国民
  • 3 戦争と平和
  • 4 権力の集中と分立
  • 5 国民の権利と義務
  • あとがきにかえて-昭和から平成へ
  • 付録 日本国憲法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の憲法
著作者等 長谷川 正安
書名ヨミ ニホン ノ ケンポウ
書名別名 Nihon no kenpo
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.4
版表示 第3版.
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 400430332X
NCID BN00916448
BN10588480
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94050201
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想