20世紀の経済学者ネットワーク : 日本からみた経済学の展開

池尾愛子 著

経済研究者たちの国際的コミュニティの形成と情報ネットワークの広がりという視点から、現代経済学の歩みを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 20世紀の経済学史に向けて
  • 第2章 経済学者の国際的コミュニティの形成
  • 第3章 日本での本格的な経済学研究の開始
  • 第4章 初期の計量経済学
  • 第5章 新古典派経済学の導入と展開
  • 第6章 一般均衡論をめぐって
  • 第7章 企業と価格機構
  • 第8章 スウェーデンのヴィクセル
  • 第9章 経済学の数学化と一般均衡分析
  • 第10章 「古典派」体系とケインズ体系
  • 第11章 「古典派」とケインズ
  • 第12章 日本経済の表現
  • 第13章 経済学者と方法論
  • 第14章 1950年代以降の経済学への展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 20世紀の経済学者ネットワーク : 日本からみた経済学の展開
著作者等 池尾 愛子
書名ヨミ ニジッセイキ ノ ケイザイ ガクシャ ネットワーク
出版元 有斐閣
刊行年月 1994.4
ページ数 260p
大きさ 20cm
ISBN 4641066884
NCID BN10587262
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94050225
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想