明治日本とイギリス革命

今井宏 著

十七世紀の中葉からほぼ五十年にわたってイギリスを騒乱にまきこんだピューリタン革命・名誉革命は、海を隔てた遠いアジアの島国である日本の思想家の眼と心にどのように映ったのだろうか。福沢諭吉、木下尚江、内村鑑三、竹越与三郎ら明治の先人たちの著作と思想をたどりつつ、議会政治の展開を基礎づける「穏健な」革命観、スなわちマコーレーを代表とする「ホイッグ」史観の受容を照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 極東から極西への関心-明治維新までのイギリス像
  • 「万事の改革すでに成りたる」国-開国・自由民権期のイギリス革命観
  • 「田舎紳士」の主張-徳富蘇峰の出発点
  • 最初のクロムウェル伝-竹越与三郎の歴史叙述
  • 「クロムウェルの木下」-木下尚江における革命の幻影
  • 「チェルシーの哲人」-カーライルへの傾倒
  • 義戦から非戦へ-内村鑑三とピューリタン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治日本とイギリス革命
著作者等 今井 宏
書名ヨミ メイジ ニホン ト イギリス カクメイ
書名別名 Meiji nihon to igirisu kakumei
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1994.4
ページ数 312, 7p
大きさ 15cm
ISBN 4480081259
NCID BN10577611
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94063754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想