肝炎ウイルスと肝癌 : 基礎から臨床へのup-to-dateな分子医学

小俣政男 編

[目次]

  • 肝炎ウイルスおよび肝癌研究における分子生物学の果たした役割
  • 第1章 肝炎ウイルスの遺伝子構造とその特徴(A型肝炎ウイルス
  • B型肝炎ウイルス
  • C型肝炎ウイルス
  • D型肝炎ウイルス
  • E型肝炎ウイルス)
  • 第2章 肝炎ウイルスの遺伝子解析による臨床へのアプローチ(B型肝炎ウイルスの遺伝子変異と臨床病態
  • C型肝炎ウイルスの遺伝子型と臨床病態
  • C型肝炎ウイルス量と肝疾患)
  • 第3章 肝癌と遺伝子解析(肝癌と癌遺伝子
  • 肝癌と癌抑制遺伝子
  • B型肝炎ウイルスと発癌
  • 遺伝子導入による肝発癌機構の解析)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肝炎ウイルスと肝癌 : 基礎から臨床へのup-to-dateな分子医学
著作者等 小俣 政男
書名ヨミ カンエン ウイルス ト カンガン
シリーズ名 臨床医のための実験医学シリーズ 17
出版元 羊土社
刊行年月 1994.4
ページ数 149p
大きさ 21cm
ISBN 489706516X
NCID BN10576302
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95015928
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想