戦国時代狩野派の研究 : 狩野元信を中心として

辻惟雄 著

[目次]

  • 第1編 総論-狩野派の成立と展開(狩野派の成立-社会的存在としての
  • 初期狩野派の画風展開
  • 日本絵画史における狩野派の位置-岡倉天心の狩野派評をめぐって)
  • 第2編 狩野正信・元信とその周辺(狩野正信の絵画
  • 狩野元信
  • 元信・元信派作品解説
  • 狩野雅楽助作品考)
  • 第3編 元信以後(聚光院障壁画と狩野松栄・永徳
  • 故キャロライン・ウィールライト女史の「狩野松栄論」
  • 永徳の三上山真景図について
  • 松栄・永徳作品解説
  • 狩野秀頼)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論文内容の要旨
  • 目次 / p5
  • 図版 / p1
  • 序 / p1
  • 凡例 / p4
  • 第一編 総論-狩野派の成立と展開 / p1
  • 第一章 狩野派の成立-社会的存在としての- / p2
  • 第二章 初期狩野派の画風展開 / p16
  • 第三章 日本絵画史における狩野派の位置-岡倉天心の狩野派評をめぐって- / p26
  • 第二編 狩野正信・元信とその周辺 / p31
  • 第一章 狩野正信の絵画 / p32
  • 第二章 狩野元信 / p47
  • (一)同時代の史料 / p48
  • (二)生没年、墓 / p68
  • (三)名号、叙任 / p70
  • (四)作画環境、収入 / p71
  • (五)血縁 / p76
  • (六)作品 / p103
  • (七)元信周辺画家とその作風 / p144
  • (八)総括 / p153
  • 狩野元信補遺 / p163
  • 第三章 元信・元信派作品解説 / p215
  • a 三教図扇面(フリーア美術館蔵) / p215
  • b 瀑布図(野村美術館蔵) / p217
  • c 四季花木草花図下絵山水図押絵貼屏風(フリーア美術館蔵) / p219
  • d 群雁図屏風(個人蔵) / p222
  • e 西湖図屏風(出光美術館蔵) / p225
  • 第四章 狩野雅楽助作品考 / p228
  • a 旧酒井家蔵四季山水図屏風(個人蔵) / p228
  • b 「輞隠」「〓信」印を用いた画家について / p233
  • 第三編 元信以後 / p243
  • 第一章 聚光院障壁画と狩野松栄・永徳 / p244
  • (一)聚光院の創建事情とその年代 / p244
  • (二)客殿襖絵の現状および配置復元、従来の研究 / p245
  • (三)各室の襖絵の様式検討と筆者 / p250
  • (四)松栄と永徳 / p257
  • 聚光院障壁画と狩野松栄・永徳補遺 / p275
  • 第二章 故キャロライン・ウィールライト女史の「狩野松栄論」 / p287
  • 第三章 永徳の三上山真景図について / p295
  • 第四章 松栄・永徳作品解説 / p300
  • a 廿四孝図屏風(個人蔵) / p300
  • b 唐獅子図屏風(宮内庁蔵) / p304
  • c 秋草図屏風(宮内庁蔵) / p307
  • d 四季山水図屏風(個人蔵) / p309
  • 第五章 狩野秀頼 / p313
  • a 狩野秀頼考 / p313
  • b 秀頼印山水図双幅(個人蔵) / p322
  • 付載 / p325
  • 1 東京国立博物館蔵・初期狩野派作品の模本について / p326
  • 2<書評>武田恒夫『近世初期障屏画の研究』 / p344
  • あとがき / p353
  • 索引 / p6
  • 英文目録・要約 / p2

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦国時代狩野派の研究 : 狩野元信を中心として
著作者等 辻 惟雄
書名ヨミ センゴク ジダイ カノウハ ノ ケンキュウ : カノウ モトノブ オ チュウシン ト シテ
書名別名 Sengoku jidai kanoha no kenkyu
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1994.2
版表示 新装版.
ページ数 356, 12p 図版36p
大きさ 31cm
ISBN 4642073167
NCID BB05990669
BN10575004
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94036731
21944111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想