原子物理学概説

中山一郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次 / 1p
  • 第一編 序論
  • 第一章 原子物理學の史的發展
  • 1 元素 / 1p
  • 2 原子論,分子論 / 3p
  • 3 陰極線と電子の發見 / 8p
  • 4 陽極線の發見 / 12p
  • 5 X線の發見 / 13p
  • 6 放射性元素の發見 / 14p
  • 7 原子模型 / 16p
  • 8 原子構造に關する理論の發展と量子力學の由來 / 18p
  • 9 原子核 / 22p
  • 10 原子核模型と核理論の發展 / 26p
  • 11 結論と物質の要素的粒子(素粒子) / 31p
  • 第二章 量子論 / 34p
  • 12 電磁波としての光と熱エネルギー / 34p
  • 13 黑體の熱輻射と輻射の法則 / 36p
  • 14 プランクの量子說 / 37p
  • 15 光電効果と光量子說 / 41p
  • 16 コンプトン効果 / 44p
  • 17 ラマン効果とストークスの法則 / 46p
  • 第三章 相對論 / 49p
  • 18 古典物理學と現代物理學の立場 / 49p
  • 19 エーテルに對するマイケルソン・モーレーの實驗とローレンツ短縮 / 50p
  • 20 エーテルの否定 / 51p
  • 21 相對則(相對性理論) / 52p
  • 22 時間と長さ / 53p
  • 23 ローレンツ轉換式 / 57p
  • 24 質量とエネルギー / 58p
  • 25 一般相對性理論 / 60p
  • 第二編 核外物理學 / 62p
  • 第四章 電子 / 62p
  • 26 眞空放電 / 62p
  • 27 陰極線 / 65p
  • 28 電子の比電荷e/mの測定 / 65p
  • 29 ウィルソンの霧凾 / 68p
  • 30 電子電荷の測定 / 69p
  • 31 電子の質量と電磁質量 / 71p
  • 32 電子ボルト / 73p
  • 第五章 X線 / 76p
  • 33 X線 / 76p
  • 34 X線の電離作用とX線の測定法 / 77p
  • 35 X線の波動性と結晶による廻折 / 78p
  • 36 X線の撰擇反射とX線分光計 / 79p
  • 37 X線のスペクトル / 80p
  • 38 X線の副輻射 / 84p
  • 39 結晶體内の原子排列 / 86p
  • 第六章 水素の原子構造論 / 90p
  • 40 水素のスペクトル系列 / 90p
  • 41 トムソン及びラザフォードの原子模型 / 91p
  • 42 ボーアの原子模型とその理論 / 94p
  • 43 水素スペクトル線の微細構造I / 98p
  • 44 エネルギー準位 / 104p
  • 45 水素類似原子等の一般的取扱い / 106p
  • 46 磁場に於ける水素類似原子とゼーマン効果 / 107p
  • 47 電子のスピン / 111p
  • 48 水素原子の定常狀態の微細構造II / 113p
  • 49 磁子 / 117p
  • 第七章 一般原子の構造 / 119p
  • 50 一般原子の一般的取扱い / 119p
  • 51 原子内の電子分布と元素の週期律 / 120p
  • 52 分子の定常狀態と分子スペクトル / 125p
  • 第八章 量子力學 / 129p
  • 53 ボーアの相應原理 / 129p
  • 54 ハイゼンベルグの量子力學的思想 / 131p
  • 55 マトリックス力學(行列力學) / 134p
  • 56 ドウ・ブローイー波(物質波) / 137p
  • 57 波動力學 / 140p
  • 58 不確定性原理 / 143p
  • 59 確率的法則と量子力學の體系化 / 148p
  • 60 量子力學の發展と陽電子 / 151p
  • 第三編 核物理學 / 158p
  • 第九章 陽極線 / 158p
  • 61 カナル線及び陽極線 / 158p
  • 62 陽極線分析 / 159p
  • 63 質量分光器 / 162p
  • 64 同位元素 / 164p
  • 65 質量缺損(結合エネルギー) / 166p
  • 第十章 放射性元素とその轉換 / 170p
  • 66 放射線 / 170p
  • 67 放射性元素の崩壞 / 173p
  • 68 放射線の測定 / 176p
  • 69 崩壞の法則と放射性元素の壽命 / 179p
  • 70 a粒子の射程とa線スペクトル / 181p
  • 71 a崩壞の機構 / 184p
  • 72 β線スペクトル / 187p
  • 73 β線連續スペクトルとβ崩壞の機構 / 189p
  • 74 γ線スペクトルと核のエネルギー準位 / 194p
  • 第十一[章] 原子核の人工轉換 / 198p
  • 75 a粒子による原子核の人工轉換 / 198p
  • 76 中性子の發見 / 201p
  • 77 人工放射性元素の發見 / 204p
  • 78 高速イオン發生裝置 / 206p
  • 79 高速イオンによる核の人工轉換 / 212p
  • 80 中性子による核の人工轉換 / 216p
  • 81 γ線による核の人工轉換 / 219p
  • 82 人工放射性元素 / 220p
  • 83 核分裂 / 222p
  • 第十二章 宇宙線 / 229p
  • 84 宇宙線の發見とその成果 / 229p
  • 85 宇宙線の緯度効果と東西効果 / 231p
  • 86 計算管による宇宙線の測定 / 233p
  • 87 ウィルソン霧凾による宇宙線の硏究 / 234p
  • 88 宇宙線シャワーと軟成分 / 236p
  • 89 中間子と硬成分 / 240p
  • 90 第一次宇宙線 / 244p
  • 第十三章 原子核の構成とその理論 / 248p
  • 91 原子核の存在とその電荷 / 248p
  • 92 核の質量と大さ / 251p
  • 93 核のスピンと磁氣能率 / 253p
  • 94 核の統計 / 255p
  • 95 核の構成 / 258p
  • 96 β崩壞の理論 / 261p
  • 97 核力 / 264p
  • 98 中間子と核場の理論 / 268p
  • 附錄
  • I 參考著書 / 277p
  • II 原子物理學常數表 / 280p
  • III 原子量及び同位元素表 / 281p
  • IV 元素週期表 / 288p
  • V 核外電子表 / 289p
  • VI 放射性元素表 / 293p
  • VII 原子物理學歷史年表 / 296p
  • 索引 / 303p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 原子物理学概説
著作者等 中山 一郎
書名ヨミ ゲンシ ブツリガク ガイセツ
出版元 同文館
刊行年月 1949
ページ数 312p 図版
大きさ 21cm
NCID BN10574205
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51008761
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想