治水思想の風土 : 近世から現代へ

伊藤安男 著

[目次]

  • 第1部 洪水と囲堤集落(囲堤集落とその分布
  • 九頭竜川流域
  • 信濃川中流域
  • 円山川流域
  • 利根川水系小貝川流域
  • 中国広東省珠江デルタ)
  • 第2部 明治期の治水思想(蘭人工師たちの治水観
  • 木曾川改修をめぐる治水思想-とくに蘭人工師来日を中心に)
  • 第3部 江戸期の災害と住民対応(破堤地の切所池・押堀
  • 土石流常襲地とその住民)
  • 第4部 輪中地域における水意識(輪中と輪中地域
  • 輪中地域とその防災意識-九・一二災害後の意識変化を中心に
  • 輪中の城下町の立地環境)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • はしがき / p1
  • 第一部 洪水と囲堤集落
  • 第一章 囲堤集落とその分布 / p16
  • 第ニ章 九頭竜川流域 / p22
  • 第一節 木部堤防 / p23
  • 第ニ節 久喜津堤防 / p28
  • 第三節 的場堤防 / p30
  • 第四節 水論をめぐる対立抗争 / p31
  • 第五節 特異な景観 / p35
  • 第三章 信濃川中流域 / p38
  • 第四章 円山川流域 / p45
  • 第五章 利根川水系小貝川流域 / p50
  • 第一節 利根川東遷と小貝川付替 / p51
  • 第ニ節 小貝川の洪水多発と囲堤形式 / p54
  • 第三節 破堤地の押堀と水神 / p64
  • 第六章 中国広東省珠江デルタ / p77
  • 第一節 珠江デルタの自然環境 / p78
  • 第ニ節「基囲」という囲堤 / p83
  • 第三節 特異な土地利用景観 / p90
  • 第二部 明治期の治水思想
  • 第一章 蘭人工師たちの治水観 / p100
  • 第一節 淀川水系の江戸期の土砂留 / p102
  • 第二節 欄人工師たちの砂防工 / p108
  • 第三節 デレーケの木曾川改修と砂防 / p122
  • 第四節 治山重視の思想 / p142
  • 第二章 木曾川改修をめぐる治水思想-とくに蘭人工師来日を中心に- / p155
  • 第一節 江戸期の分流願 / p156
  • 第二節 近代日本と改修工事への要望 / p159
  • 第三節 蘭人工師招聘決定とそれをめぐる動向 / p162
  • 第四節 改修工事着工前の付帯事業 / p169
  • 第三部 江戸期の災害と住民対応
  • 第一章 破堤地の切所池・押堀 / p178
  • 第一節 押掘の形成 / p180
  • 第二節 押掘と砂入 / p186
  • 第三節 押掘の修復と迂回堤防 / p191
  • 第二章 土石流常襲地とその住民 / p200
  • 第一節 養老山地の土石流災害と土砂留 / p201
  • 第ニ節 木曽谷の土石流災害と蛇抜 / p213
  • 第四部 輪中地域における水意識
  • 第一章 輪中と輪中地域 / p242
  • 第ニ章 輪中地域とその防災意識-九・一ニ災害後の意識変化を中心に- / p250
  • 第一節 アンケート調査からみた意識格差 / p251
  • 第ニ節 九・一ニ災害後の意識変革 / p256
  • 第三節 水防体制とその意識の変化 / p268
  • 第三章 輪中の城下町の立地環境 / p284
  • 第一節 大垣 / p284
  • 第ニ節 高須 / p301
  • あとがき / p313
  • 索引 / p336

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 治水思想の風土 : 近世から現代へ
著作者等 伊藤 安男
書名ヨミ チスイ シソウ ノ フウド : キンセイ カラ ゲンダイ エ
書名別名 Chisui shiso no fudo
出版元 古今書院
刊行年月 1994.3
ページ数 336p
大きさ 22cm
ISBN 4772218378
NCID BN10569726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94041286
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想