これからの家庭教育 : わが子とともに

島田牛稚 著

[目次]

  • 目次
  • 一、 人づくりの場としての家庭 / 1
  • (1) むかしの家庭教育 / 1
  • (2) 今の家庭教育 / 3
  • (3) 家庭教育の本質 / 9
  • 二、 家庭教育者としての親の資質 / 14
  • (1) 両親の健康 / 14
  • (2) 示範となる人がら / 17
  • (3) 経済的な安定 / 22
  • (4) 子どもへの理解と愛情 / 25
  • (5) 子どもとともに、子どものために / 29
  • 三、 家庭における父の座 / 32
  • (1) 父親の無能力 / 32
  • (2) 父親教育のさまたげ / 35
  • (3) 父親教育の本領 / 39
  • (4) 父親教育の使命 / 42
  • 四、 家庭における母の座 / 46
  • (1) 母の愛撫に育つ / 46
  • (2) 母親のこころ子どもの心 / 49
  • (3) 母は家庭の安全装置 / 54
  • (4) 母の座の本領 / 57
  • (5) 女権は確保されているか / 68
  • 五、 新しい家庭づくり / 75
  • (1) 民主的な家庭 / 77
  • (2) 家庭づくりの信条 / 78
  • (3) 自主自律の習慣 / 83
  • (4) 平和な家庭 / 88
  • 六、 幼年期の家庭の指導 / 99
  • (1) 幼年期の心理 / 99
  • (2) 教育相談からみて / 102
  • (3) 幼稚園から家庭へ / 106
  • 七、 小学生時代の家庭教育 / 120
  • (1) 低学年期の心理と取扱い / 120
  • (2) 中学年期の心理と取扱い / 123
  • (3) 高学年期の心理と取扱い / 125
  • (4) 小学校時代の家庭学習 / 127
  • 八、 中学生時代の家庭の指導 / 144
  • (1) 中学校時代の子どもの心理 / 144
  • (2) 性のめざめ / 147
  • (3) 家庭学習と生活指導 / 150
  • 九、 高校生時代の家庭での注意 / 165
  • (1) 高校時代の学生の心理 / 165
  • (2) 家庭での指導方法 / 169
  • (3) 上級学校への進学指導 / 181
  • 一〇、 大学生をもつ家庭の念願 / 188
  • (1) 大学時代の学生の心理 / 188
  • (2) 大学教育の体験を通して / 191
  • 一一、 家庭での道徳教育 / 201
  • (1) 社会性の道徳的しつけ / 201
  • (2) 自己抑制のしつけ / 203
  • (3) 過保護の弊 / 206
  • (4) 道徳的しつけについて家庭への注意 / 209
  • 一二、 宗教的信念の養成と家庭 / 225
  • (1) 宗教的なムード / 225
  • (2) このごろの宗教心 / 229
  • (3) 神と人との結びつき / 232
  • (4) 宗教はみなひとつ / 235
  • (5) 欧米の宗教教育 / 237
  • (6) 宗教教育の高揚 / 241
  • 一三、 家庭においての趣味情操の教育 / 247
  • (1) 気品のある人間養成 / 247
  • (2) 情操教育の方法 / 250
  • (3) 家庭の趣味生活と教育 / 252
  • 一四、 家庭においての健康教育 / 262
  • (1) からだと勉学の関係 / 262
  • (2) 家庭の健康を保持するには / 266
  • 一五、 青少年不良化と家庭の注意 / 277
  • (1) 青少年犯罪のすう勢 / 277
  • (2) 中学生の非行問題 / 278
  • (3) とくに家庭での注意 / 280
  • (4) 青少年問題の世界的状勢 / 284
  • 一六、 欧米における家庭教育 / 294
  • (1) 私の国の家庭教育 / 294
  • (2) 私の見た欧米の家庭教育 / 298

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 これからの家庭教育 : わが子とともに
著作者等 島田 牛稚
書名ヨミ コレカラ ノ カテイ キョウイク : ワガコ ト トモニ
出版元 大阪教育図書
刊行年月 1965
ページ数 307p
大きさ 19cm
NCID BN10568199
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64013111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想