西洋近代思想史 : 十九世紀の思想のうごき  上

G.H.ミード 著 ; 魚津郁夫, 小柳正弘 訳

二十世紀のアメリカを代表する哲学「プラグマティズム」の立場にたつ思想家G.H.ミード。彼はとくに、その独想的な自我論やコミュニケイション論などによって、哲学はもとより、心理学や社会学の領域においてもひろく知られてきた。ルネサンスからカントやヘーゲル、さらにマルクスに至る「十九世紀の思想のうごき」を、科学的探究を基層に据えて斬新に展開した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ルネサンスから革命へ
  • カント-革命の哲学者
  • 革命の挫折とロマン主義の誕生
  • カントとロマン主義哲学の背景
  • ロマン主義の哲学者(フィヒテ
  • シェリング
  • ヘーゲル)
  • 「進化」が一般観念となる
  • 産業革命-市場の追求
  • 社会的ルネサンス(功利主義
  • カール・マルクスと社会主義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西洋近代思想史 : 十九世紀の思想のうごき
著作者等 Mead, George Herbert
小柳 正弘
魚津 郁夫
ミード G.H.
書名ヨミ セイヨウ キンダイ シソウシ
書名別名 Movements of thought in the nineteenth century

Seiyo kindai shisoshi
シリーズ名 講談社学術文庫
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 1994.4
ページ数 395p
大きさ 15cm
ISBN 4061591231
NCID BN10562567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94042234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想