桜草の喪・空の晴れ間

フランシス・ジャム 著 ; 手塚伸一 訳

19世紀末、フランスはピレネーの麓から、朝露にも似た澄んだ声が響いてきた-。透明な夏の光のなか、蜜蜂のうなりを聞きながら過ごす特権的時間。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 桜草の喪・空の晴れ間
著作者等 Jammes, Francis
手塚 伸一
ジャム フランシス
書名ヨミ サクラソウ ノ モ ソラ ノ ハレマ
書名別名 Clairières dans le ciel

Le deuil des primevères

空の晴れ間
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 1994.4
ページ数 451p
大きさ 16cm
ISBN 4582760449
NCID BN10562126
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94052536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想