日本文学の男性像

西島孜哉 編

記紀万葉から現代小説までの各時代を象徴する男性像を鮮明に剔抉。時代を象徴するメッセージの束。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古代文学の男性像(試練を受ける童男-オホアナムヂの神の場合
  • 「ますらを」の愛と死-『万葉集』「ますらを」の世界)
  • 2 王朝文学の男性像(色好みの貴公子
  • 煩悶する貴族)
  • 3 中世文学の男性像(抬頭する武士-横紙破りの清盛像
  • 数奇の遁世者
  • 滑稽な冠者たち-狂言)
  • 4 近世文学の男性像(歌舞伎者と剽軽者
  • 色道の達人と一代分限
  • 心中する遊蕩児
  • 理想の武者と市井の義賊)
  • 5 近代文学の男性像(浮遊する目覚めた青年たち-『浮雲』『楚囚之詩』『舞姫』
  • 他ならぬこの私という幻想-志賀直哉の<私>
  • 美の拝跪者-谷崎文学の男性像)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文学の男性像
著作者等 西島 孜哉
書名ヨミ ニホン ブンガク ノ ダンセイゾウ
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1994.5
ページ数 316p
大きさ 20cm
ISBN 479070503X
NCID BN10557603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94067464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想