図書館情報学における数学的方法

日本図書館学会研究委員会 編

図書館情報学の研究の中で、数学的な手法は重要な研究方法の一つである。本書では、図書館界の第一線で活躍する研究者が、ビブリオメトリクス(計量書誌学)を含む数学的方法の現状の整理と将来の研究の方向を示すべく執筆。図書館員及び図書館学研究者必読のシリーズ最新刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 図書館情報学と数学的方法
  • 第2章 計量情報学の分布法則-数学的モデルの構築
  • 第3章 推論
  • 第4章 情報検索モデル-その数量的アプローチ
  • 第5章 図書館ネットワーク研究における数学的方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図書館情報学における数学的方法
著作者等 原田 勝
日本図書館学会
日本図書館学会研究委員会
書名ヨミ トショカン ジョウホウガク ニ オケル スウガクテキ ホウホウ
書名別名 Toshokan johogaku ni okeru sugakuteki hoho
シリーズ名 論集・図書館学研究の歩み 第12集
出版元 日外アソシエーツ
刊行年月 1994.4
ページ数 148p
大きさ 21cm
ISBN 481691224X
NCID BN10546039
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94045511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想