美徳の不幸

マルキ・ド・サド [著] ; 渋沢竜彦 訳

サドの代表的著作、ジュリエットの物語『悪徳の栄え』と対をなす妹ジュスティーヌの物語には三つのバージョンが残存している。本書はその最初の版である「原ジュスティーヌ」とでも称すべき中篇である。バスティーユ牢獄中にて書かれ、革命のどさくさに粉れて紛失され、100年ののちに陽の目をみた本書はサドの思索のエッセンスが凝縮された異色作である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美徳の不幸
著作者等 Sade, Donatien Alphonse François, marquis de
Sade, marquis de
渋沢 竜彦
Sade Marquis de
サド マルキ・ド
書名ヨミ ビトク ノ フコウ
書名別名 Les infortunes de la vertu
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 1992.12
ページ数 291p
大きさ 15cm
ISBN 4309461182
NCID BN10542253
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93015400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想