自動電話交換機入門

高田重雄 著

[目次]

  • 目次
  • 1 基礎となる事柄
  • 1・1 用語の意味について / p1-1
  • 1・2 自動電話交換とは / p1-2
  • 1・3 手動式よりも自動式の方が優れている点 / p1-4
  • 2 自動交換裝置の大要
  • 2・1 おもな構成要素 / p2-1
  • 2・2 取扱いと接続の順序 / p2-6
  • 2・3 容量と選択方法 / p2-9
  • 2・4 複局地における市内中継 / p2-12
  • 2・5 自動交換付属装置 / p2-16
  • 3 わが国の市内自動交換
  • 3・1 手動局から自動局への発達 / p3-1
  • 3・2 A型自動交換機(ストロージヤー式) / p3-2
  • 3・3 H型自動交換機(ジーメンス・ハルスケ式) / p3-8
  • 3・4 自動式電話機 / p3-17
  • 4 自動式構内交換電話
  • 4・1 構内交換電話(PBX) / p4-1
  • 4・2 構内自動交換機 / p4-2
  • 4・3 局線中継台 / p4-6
  • 4・4 特殊私設自動電話 / p4-10
  • 4・5 局線に接続しない自動交換機 / p4-15
  • 4・6 簡単な構内専用電話 / p4-16
  • 5 継電器の性能と自動交換回路
  • 5・1 電話用継電器の性質 / p4-1
  • 5・2 自動交換機の回路 / p4-4
  • 5・3 4号A電話機の回路 / p4-5
  • 5・4 小交換機の接続要領 / p4-6
  • 5・5 H型プレセレクタ式の回路動作 / p4-8
  • 5・6 A型ラインスイッチ式の回路動作 / p4-13
  • 6 自動電話交換の発達と方式
  • 6・1 世界における自動交換機の発達 / p6-1
  • 6・2 交換機の種類と普及状況 / p6-8
  • 6・3 ステップ・バイ・ステップ式 / p6-9
  • 6・4 パワー・ドリブン式 / p6-11
  • 6・5 クロスバー式 / p6-12
  • 6・6 モータ・スイッチ式 / p6-17
  • 6・7 ドイツにおける構内および特殊自動電話 / p6-19
  • 7 市外交換の自動化
  • 7・1 即時通話と市外ダイヤル法 / p7-1
  • 7・2 わが国の市外ダイヤル方式 / p7-2
  • 7・3 欧米における市外交換の自動化と国際交換 / p7-4
  • 付表
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 自動電話交換機入門
著作者等 高田 重雄
書名ヨミ ジドウ デンワ コウカンキ ニュウモン
書名別名 Jido denwa kokanki nyumon
シリーズ名 電気工学入門新書
出版元 電気書院
刊行年月 1956
ページ数 1冊
大きさ 19cm
NCID BN10536738
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56010404
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想