漢土の王道思想

亘理章三郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 漢土の皇道・帝道・王道及び覇道の訓詁的意義 / 1
  • 一 其の硏究目的 / 1
  • 二 皇道の意義 / 4
  • 三 帝道の意義 / 6
  • 四 王道の意義 / 8
  • 五 皇道・帝道・王道の意義の異同 / 11
  • 六 覇道の意義 / 15
  • 七 君道の意義 / 17
  • 八 道は是れ王道 / 21
  • 九 王道と王法 道と法 / 24
  • 一〇 王道と王術 道と術 / 32
  • 一一 王道と王敎 王道と王猷 / 41
  • 第二章 漢土の帝王觀 / 45
  • 一 社會的帝王觀 / 45
  • 二 社會史的帝王觀 / 52
  • 三 道德的帝王觀(上) / 56
  • 四 道德的帝王觀(中) / 71
  • 五 道德的帝王觀(下) / 85
  • 第三章 王道則天 / 115
  • 一 天道至敎 / 115
  • 二 天道と王綱 / 120
  • 三 祭祀と王權の絕對化 / 123
  • 四 財天思想の難點 / 132
  • 第四章 德治化成 / 138
  • 一 德治の本義 / 138
  • 二 文德尊重 文と武 / 148
  • 三 天下化成と垂拱無爲の思想 / 152
  • 四 修己治民 / 163
  • 五 孝治爲本 / 166
  • 第五章 制禮作樂 / 174
  • 一 王道と禮樂 / 174
  • 二 禮の本義 / 179
  • 三 樂の本義 / 201
  • 四 禮と樂 / 208
  • 五 禮樂の制作 / 216
  • 六 禮樂難 / 221
  • 第六章 我が國體皇道と漢土の王道思想 / 228
  • 一 我が國の皇道思想の警省 / 228
  • 二 漢土王道思想の硏究難 / 230
  • 三 彼の王道か覇道か 寧ろ覇道 / 233
  • 四 知ろしめすと知臨 彼我の皇道皇國思想 / 239
  • 五 彼我の一君萬民・大道恢弘の思想 / 242
  • 六 彼我の國體思想 / 246
  • 七 皇道と漢土の王道難の解決(上) / 250
  • 八 皇道と漢土の王道難の解決(中) / 255
  • 九 皇道と漢土の王道難の解決(下) / 265

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 漢土の王道思想
著作者等 亘理 章三郎
書名ヨミ カンド ノ オウドウ シソウ
書名別名 Kando no odo shiso
出版元 金港堂書籍
刊行年月 1941
ページ数 272p
大きさ 22cm
NCID BN10534040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60012027
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想