悲しき玩具 : 啄木短歌の世界

村上悦也 ほか編

赤裸裸な生活と実存を歌う石川啄木。「歌は私の悲しい玩具である」。その晩年を襲った<不幸>に肉迫する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 座談 『悲しい玩具』を語る
  • 第1章 日露戦後の啄木-閉塞感覚の形成
  • 第2章 近代短歌史のなかの『悲しき玩具』
  • 椽3旱 『悲しき玩具』と『呼子と口笛』
  • 第4章 『悲しき玩具』の<故郷>-思郷歌を中心にして
  • 第5章 夫婦の情景
  • 歌集 『悲しき玩具』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悲しき玩具 : 啄木短歌の世界
著作者等 上田 博
太田 登
村上 悦也
書名ヨミ カナシキ ガング
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1994.4
ページ数 192p
大きさ 20cm
ISBN 4790704998
NCID BN10531734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94067484
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想