批判的日本仏教史

足立栗園 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖論 日本佛敎發達の眞相 / 1
  • 第一章 三敎一致と聖德太子 / 6
  • 第二章 神佛同體と行基菩薩 / 15
  • 第三章 佛敎と幻術 / 22
  • 第四章 八幡大自在菩薩 / 33
  • 第五章 傳敎大師と本地垂跡 / 42
  • 第六章 慈覺大師と智證大師 / 52
  • 第七章 弘法大師と兩部習合 / 63
  • 第八章 眞言宗傳統の疑問 / 75
  • 第九章 即身成佛と阿字本不生 / 86
  • 第十章 弘法大師と諸神勸請 / 96
  • 第十一章 弘法大師と幻術 / 109
  • 第十二章 役小角と金峯葛城 / 119
  • 第十三章 泰澄と愛宕、白山 / 129
  • 第十四章 勝道と日光其他 / 138
  • 第十五章 修驗道と天台眞言 / 147
  • 第十六章 空也上人の念佛 / 159
  • 第十七章 慈惠僧正の念佛及祇園社 / 170
  • 第十八章 源信僧都の念佛 / 181
  • 第十九章 良忍上人の融通念佛 / 191
  • 第二十章 覺鑁上人と眞言新義 / 200
  • 第廿一章 源空上人と淨土宗 / 208
  • 第廿二章 親鸞上人と一向宗 / 225
  • 第廿三章 一遍上人と時宗 / 236
  • 第廿四章 榮西禪師と宗敎改革 / 241
  • 第廿五章 道元禪師と禪宗布殖 / 252
  • 第廿六章 日蓮大士と法華宗 / 264
  • 第廿七章 疎石禪師と尊氏 / 276
  • 第廿八章 五山と外交附文藝好尙 / 286
  • 第廿九章 一休禪師と平民敎化 / 296
  • 第三十章 日眞兩宗の發達 / 303
  • 第卅一章 蓮如上人と眞宗 / 310
  • 第卅二章 興山上人と高野 / 318
  • 第卅三章 天海僧正と家康 / 324
  • 第卅四章 法華淨土の宗論 / 333
  • 第卅五章 日遠上人と天台學 / 340
  • 第卅六章 澤庵禪師と家光 / 346
  • 第卅七章 黃檗宗と曹洞心越派 / 356
  • 第卅八章 白隱禪師の敎化 / 367
  • 第卅九章 佛家と戒律 / 376
  • 第四十章 幕末及維新の佛敎難 / 381
  • 附論 日本今後の佛敎 / 388

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 批判的日本仏教史
著作者等 足立 栗園
書名ヨミ ヒハンテキ ニホン ブッキョウシ
書名別名 Hihanteki nihon bukkyoshi
出版元 警醒社
刊行年月 1912 2版
版表示 訂正版
ページ数 390p
大きさ 19cm
NCID BN10528150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52012281
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想