界面・コロイド化学の基礎

北原文雄 著

本書は理、工、農、薬、家政系学部の学生、企業の研究者・技術者、生涯教育をめざす社会人で、界面化学、コロイド化学を初めて学ぼうとする人達のために筆を執ったものである。物理化学の初歩を学んだ人なら誰でも入っていけれるようにわかりやすい、ていねいな解説を心がけた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 分子集合体と界面現象(表面張力と界面活性
  • 単分子膜と多分子膜
  • ミセルと液晶
  • ベシクル)
  • 微粒子系と界面現象(微粒子分散系の生成
  • 吸着
  • ぬれ
  • 界面電気現象
  • 微粒子系での電気二重層と分散・凝集
  • 微粒子系での吸着層と分散・凝集
  • 微粒子の運動と光学的性質
  • ゲルおよびゾル‐ゲル変化
  • エマルションと泡
  • 身の回りの界面・コロイド)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 界面・コロイド化学の基礎
著作者等 北原 文雄
書名ヨミ カイメン コロイド カガク ノ キソ
書名別名 Kaimen koroido kagaku no kiso
出版元 講談社
刊行年月 1994.3
ページ数 164p
大きさ 21cm
ISBN 4061533606
NCID BN10527908
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94041174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想