支配における正義と不正 : ギリシアとローマの場合

平田隆一, 松本宣郎 共編

[目次]

  • 第1部 ギリシア(悪しき国制-ペイシストラトス家「僭主政」伝承をめぐって
  • ヘクテモロイについて
  • アテナイのシュコパンテス)
  • 第2部 共和政ローマ(キケロのローマ王政論
  • プブリウス・ウァティニウス
  • ポンペイウス、カエサルと政務官選挙)
  • 第3部 帝政ローマ(タキトゥスにおける属州統治者の不正
  • ローマ帝政初期における皇帝裁判の不平等性
  • 煽動家としての司教たち
  • 後期ローマ帝国におけるデフェンソル・キウィタティス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 支配における正義と不正 : ギリシアとローマの場合
著作者等 平田 隆一
松本 宣郎
書名ヨミ シハイ ニ オケル セイギ ト フセイ
シリーズ名 キリスト教歴史双書 11
出版元 南窓社
刊行年月 1994.3
ページ数 254p
大きさ 22cm
ISBN 4816501274
NCID BN10517460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94037788
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想