「鎖国」の比較文明論 : 東アジアからの視点

上垣外憲一 著

秀吉・家康の対明・対朝鮮外交を軸にした、キリスト教諸国への対抗策-。ここから徳川幕府の鎖国への傾斜が始まる。『明史』『懲〓@54F8録』『徳川実紀』などの文献を読みこみ、家光が鎖国令を出すに至るまでの為政者たちの心理を大胆にあぶり出す。十七世紀初頭の複雑なアジア情勢のなかで、鎖国の実相を鮮やかな切り口で描く力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 徳川康家の全方位外交
  • 第2章 文禄・慶長の役の国際環境
  • 第3章 家康の対中国外交-鎖国への伏線
  • 第4章 鎖国と林羅山の思想
  • 第5章 徳川時代における開国の精神
  • 終章 鎖国の比較文明論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「鎖国」の比較文明論 : 東アジアからの視点
著作者等 上垣外 憲一
書名ヨミ サコク ノ ヒカク ブンメイ ロン
シリーズ名 講談社選書メチエ 9
出版元 講談社
刊行年月 1994.3
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 4062580098
NCID BN10516355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94037779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想