大いなる小屋 : 江戸歌舞伎の祝祭空間

服部幸雄 著

橋を渡って芝居へ行く。櫓<やぐら>や看版、鼠木戸、桟敷、船、幕…。また役者の名や紋-この世界を構成するさまざまなもの・ことの意味を解き、失われた近世の芝居小屋=祝祭空間を再現する、<戯場国>の精神史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 芝居小屋論序説
  • 都市の中の芝居町
  • 積物・看板・提灯
  • 鼠木戸
  • 桟敷
  • 上手・下手
  • 橋・道
  • 稲荷町
  • 役者の紋
  • 役者の名
  • 見得
  • 讃州金毘羅大芝居訪問記
  • 現代につくりたい「芝居小屋」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大いなる小屋 : 江戸歌舞伎の祝祭空間
著作者等 服部 幸雄
書名ヨミ オオイナル コヤ
書名別名 Ooinaru koya
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 1994.3
ページ数 427p
大きさ 16cm
ISBN 4582760422
NCID BN10515498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94041553
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想