チュービンゲン哲学入門

エルンスト・ブロッホ 著 ; 菅谷規矩雄 ほか訳

ヨーロッパの政治史・社会史・精神史から文学・芸術・自然科学等々にいたる様々な領域との脈絡のなかで哲学の諸問題を論究する。<希望の哲学>の特異な思想家ブロッホの精髄を示す、チュービンゲン大学での哲学序説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 様々な困難
  • 方法論としての遍歴のモティーフ
  • ユートピア的内容を告げるもの
  • 弁証法という火にかけられた基体
  • 意味それ自体という問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チュービンゲン哲学入門
著作者等 Bloch, Ernst
三国 千秋
今井 道夫
花田 圭介
菅谷 規矩雄
ブロッホ エルンスト
書名ヨミ チュービンゲン テツガク ニュウモン
書名別名 Tübinger Einleitung in die Philosophie

Chubingen tetsugaku nyumon
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 401
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1994.3
ページ数 407, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4588004018
NCID BN1051281X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94056002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想